テクニカルアドバイザーに福士 唯男氏を招聘!

一般社団法人Frakids Japan(本社:東京都新宿区、代表理事:近江 孝行)は、特定非営利活動法人バルシューレ・ジャパン理事であり、株式会社バルシューレ・アカデミー代表を務める福士 唯男氏をフラキッズ ジャパンのテクニカルアドバイザーとして招聘しました。

 

フラキッズはドイツ発の日系総合型スポーツクラブであり、2018年にドイツ・フランクフルト校、2020年にオーストラリア・シドニー校、2021年に日本・東京校、横浜校、滋賀校(予定)を開校。運動教室、サッカー教室、キッズピラティス教室などを展開し、スポーツを通じて子供のカラダとココロの成長をサポートしています。スポーツ大国であるドイツのような生涯にわたってスポーツと関わる文化を日本にもという大きな理念のもと、スポーツをもっと身近なものにする為の普及活動を行っています。

 

福士氏はドイツ・ハイデルベルクで生まれた運動プログラム「バルシューレ」の普及活動を国内の最前線で行っており、競技面のみならず、育成年代のスポーツマンシップや幼少年期の運動指導の在り方など指導者育成にも尽力し、これまでスポーツ現場における課題解決、多数の経験と実績を有しています。

 

今回、福士氏をテクニカルアドバイザーとして迎え入れることにより、その深い知見を活かした「運動プログラム」の拡大、そして子どものさらなる運動能力の向上を図ります。

 

 

【プロフィール】

テクニカルアドバイザー

福士 唯男 Tadao Fukushi

 

特定非営利活動法人バルシューレ・ジャパン 理事

株式会社バルシューレ・アカデミー 代表

一般社団法人日本スポーツマンシップ協会 理事

日本ストリートハンドボール連盟 副理事長

 

東海大学体育学部卒業後、日本ハンドボールリーグ所属で10年間プレー。引退後、ビーチハンドボールの普及活動に携わり日本代表男子監督として世界選手権に出場。その後、小学生チームの指導者として全国小学生ハンドボール大会にも出場。2013年にバルシューレと出会い、バルシューレの普及活動と同時に、スポーツマンシップと幼少年期の運動指導の在り方について講演活動を行なっている。