· 

運動教室について

なぜ運動教室が重要なのか?】

 

 

 子供の運動神経が著しく発達するゴールデンエイジにおいて、運動を行うことが大事です。

 

ゴールデンエイジとは子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期のことであり、3歳から12歳の期間とされています。

 

 

12歳では神経系の発達はほぼ100%で大人と同じとなります。大人の運動神経も10-12歳の時につくられたものと言われています。

 

 

この時期にさまざまな動作を経験することで、脳が刺激され、運動神経も発達していきます。

 

一つのスポーツを本格的に取り組むだけではなく、他のスポーツを体験する機会が各競技に役立つことになります。

 

 

20年前までは、子供達は山で遊び、木に登りと色々な遊びを外で行う機会が多かったのですが、近年そのようなことも減ってきているので、子供達が色々な要素の運動をする事を提供しないといけなくなりました。

 

ですので、運動教室に参加する事が大事ではないかと思っています。

 

 

少しでもお子様の運動能力が上がるように頑張ります^^